Top

thInKiNgg oR feeliNgg....
<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧
サヨナラCOLOR
後で写真追加します。(どれくらい後かは今は分かりませんが、、)
とりあえず、爽やかな青空の下、行って来ます!





サヨナラCOLOR /SUPER BUTTER DOG
words & music : 永積タカシ


そこから旅立つことは
とても力がいるよ

波風たてられること
きらう人 ばかりで

でも 君はそれでいいの?
楽がしたかっただけなの?

僕をだましてもいいけど
自分はもう だまさないで


サヨナラから はじまることが
たくさん あるんだよ
本当のことが 見えてるなら
その思いを 僕に見せて




自分をつらぬくことは
とても勇気がいるよ

だれも一人ボッチには
なりたくはないから

でも 君はそれでいいの?
夢の続きはどうしたの?

僕を忘れても いいけど
自分はもう はなさないで


サヨナラから はじまることが
たくさん あるんだよ
本当のことが 見えてるなら
その思いを 捨てないで


サヨナラから はじまることが
たくさん あるんだよ
本当のことは 見えてるんだろ
その思いよ 消えないで
その思いを 僕に見せて
[PR]
by rkyy | 2005-09-15 11:36 | daI bY dAy...
登り口

今日はここ4年間世話になった人と一緒に篠栗の若杉山へ上った。
d0057896_238369.jpg

地上とは違い、刻一刻と表情を変えていく山の中、風が尋常ではないくらい吹いていて、写真もブレブレだが、こういう自分自身だけの思い出を撮る写真ってのはぶれていて良いものだと思う。何か思い出という記憶を辿る時、ぱっと頭に浮かぶイメージってのは決して鮮明なものではないと思う。一番重要なのはその人にとっていかにその写真プラスアルファの感情が含まれているか。その人の感情というものは決して言葉では言い表せない霧がかかったような色んな所から結晶のような感情を集めてきて少しずつ成り立つ、ここで表現なんて、作家でもない僕には全く表現不可能な過程を持ってその時々に現れる表情の表現の塊みたいなものである。なんじゃそりゃ。



d0057896_2504690.jpg
4年前この人とであった時、まさかここまで良くも悪くも「腐れ縁」が続くとは思うわけも無く、最初はただ僕の後を何時の間にか付いて来て、クラブに来ていたのが彼女が16歳の時。僕が21歳。それから4年。お互い実に色々な経験をして、何かと成長し合えるのを共に分かち合ってきている、そんな感じの自分のクラブっ子時代を良く知る、言ってみれば妹以上の妹みたいな存在だった。















山を下山する時、自然が生み出す母なる易しさ的な温もりを感じ少し眠くなったが、天神に着き、足は自然に EpiCafe へ。

d0057896_32075.jpg


d0057896_37371.jpg
来たら来たで暖かい歓迎を受け、自然と気分は高揚。何だかこういう空気ってのは先ほど感じた自然の暖かさと、カタチは似ていないが、温もりの面は同じであろう。自然と人。人も自然にいつか帰る。そして、土の温かさを感じるだろう。

よく、クラブに行き始めていた頃から、この子をクラブに連れて行って、その帰りに大体いつも同じ台詞で帰っていったのを思い出した。
「クラブ来る前、家に居る時はいかんで良いかなーって思ってたけど、やっぱり実際来て良かった」
そんな耳にタコが出来るくらいお互い交わした台詞をまた今晩もまた言ってみる。

その台詞はしばらくは今夜で最期になるかもしれない。






d0057896_1161975.jpg
別れ際、色んな言葉が浮かんだが、まだまだお互い知って4年。もし人生が80年あるとすれば、そのたった20分の1しか知らないという事になる。しかし、その20分の1という部分を色んなところで共有していけたことを今ここで有り難し戸思う。多分、僕は人と何かで「共感」するって事は人生のパーツで一番核になる部分と思う。人は思い出を作るために生きている。そんな自分の思い出になる部分に多く登場してくれた事が何よりの君と僕との財産ではないかと思う。



thank you very much My Friend !





d0057896_3351575.jpg

家に帰り車を車庫に止め、ふと空を見上げてみる。
頭上にはマンションの角階が都会の中の柔らかな闇に向ってその存在をアピールしてるかの如く建つ。
昼見せるその表情とは明らかに違う、人為的で鋭利な直線に何だか冷ややかな視線でじっと見下ろされているような感覚に陥る。

ここからは登りつづけ続けなければ。

そんなことを意識して、秋の始まりの少しひんやりとするコンクリートの塊を階段で一歩ずつ這い上がり部屋に就いた。
[PR]
by rkyy | 2005-09-14 02:44 | daI bY dAy...
Volcano Aso 2∞X ?

結局 Volcano Aso には行けなかった。行かなかった。行けなかった。
体調管理の悪さ。その一言。情けない。

ま、今度 Volcano Aso に行けるのはいつの日かな。。

初めていった4年前。
あの日確かに自分の中で何かが動き出すのを感じた。
その波動(VIBRATION)は今でも確かに何処かに向かって動き続けていると思う。

とりあえずそんな波動の行く先は意外や意外、今回は衆議院選挙の投票でした。



「愛 愛 本当の意味は分からないけど
誰かを通して 何かを通して 想いは繋がっていくのでしょう
遠くにいるあなたに 今 言えるのは それだけ」

bank band with salyu to U より


それは、簡単に言えば自分の心境の変化だと思うけど、小さなことから何かが始まっていくことの大切さとか繋がり。海に投げた小さな波紋がどこかに微かにでも繋がって行く感覚。

カオス理論のバタフライ効果と呼ばれるこんな一説。
「ある場所で蝶々が羽ばたくと、地球の裏側で竜巻が発生する」
なところか。


誰かに優しくする。
そしてその誰かはその僕の優しさを気持ちよく思う。
そしてその誰かがまた誰かに対して優しく接する。。
その「優しさ」の連鎖が続いていけばいいなと思う。
そしてその「優しさ」がいつの日か自分の愛する人に伝わっていけばそれこそ「愛」だと思う。



人は自分に本当に愛する人や家族がいるならば
それは社会に対しても色んな世の中の出来事に対しても無意識・無知であってはならないと思う。
端的にいえば社会に参加することで世の中が少しずつでもよくなっていき、
果ては自分の愛する人の住み良い環境を整えるにはどうすればよいかという事を考えていくことには繋がらないか。
少なくとも僕はそう思うんだけど。珍しく強気に。





誰かを通して 何かを通して 想いは繋がっていくのでしょう




遠くにいるあなたに 今 言えるのは それだけ....






d0057896_241777.jpg






あら、タイトルと随分内容が違ったかな。
ま、全ての始まりはあの日からだったって事でしょう。
分かる人には分かるはず。。






d0057896_237784.jpg

p.s.
満月カップルさん2周年おめでと。
いつかは家族でVolcano Aso 2∞X 。。。


っと強引にまとめてみる。。w
[PR]
by rkyy | 2005-09-13 02:10 | daI bY dAy...
Volcano Aso 2005

d0057896_13756.jpg

明日から九州のレイヴでは一番大きな VOLCANO ASO へ。
このパーティに行くのは今回で2年連続4回目。










初めて行ったのは4年前の8月31日・9月1日。


あの日、まるで魔界の入り口に続くような赤いライトに照らされたフロアへ続く坂道をコケながらも必死に走り登っていったTとHのやんちゃな姿は今でも頭の中で永遠に再生しつづける。
「おしっこおしっこ」と駄々をこねる赤ん坊のように僕に必死に助けを求めたR。
寒いから車にある毛布を取ってきてと女王様育ちを発揮したY。

そういう馬鹿な思い出を今になって語る相手が居る事を誇りに思う。
その時僕は笑う。そして君も笑う。
たぶん何年経ってもそんな思い出は笑えるだろう。何年経っても。


あれから、4年経ち世の中の色んな事は変わった。
そして僕も。

その全ての始まりはあの日・あの夜・あの時・あの瞬間。

今年は色んな意味で感慨深いこのパーティとなる予定だったが、自分自身の体調管理の悪さから、予定していたお手伝いも出来なくなり、決して万全とは言い難い。

昔とは何をパーティに求めるかという部分も大きく変わった。
昔「10」要求していたのが、いまは「5」か「6」くらい。



あと必要なのは僕の心の中にあるのだろう。






もしかしたら君と踊るのは今回でしばらく最後かもしれないな。






色んなところに着いて来てくれてありがとう。





君は気付いたらとても成長したな。
もう充分大人になったと思う。








つぎに、一緒に踊る時は、俺も成長してっからな。。
[PR]
by rkyy | 2005-09-08 22:46 | RAve...
forestribe


d0057896_21362795.jpg




d0057896_21364498.jpg

[PR]
by rkyy | 2005-09-07 15:51 | muZk....
Day Day &System7 liveMix..

d0057896_16382844.jpg




d0057896_16384969.jpg





d0057896_1639943.jpg




d0057896_16392195.jpg





d0057896_16542286.jpg





d0057896_1639442.jpg





d0057896_16395610.jpg





おまけ 

d0057896_16445878.jpg





風邪の中遊んでいたため、喉がつぶれて美しさと嫌らしさを兼ね備えた素敵な美声が全くでなくなり、野獣丸出しの濁声となってしまいました。
直らなかったら今後女の子口説くのに辛いな。

やれやれ。


さてと、まーいっちょやるかーー。

今月の予定
ボルケーノ阿蘇 お手伝い 4日間 → 愛・地球博 → 富士登山 → 富士GoaGill24時間耐久レイヴ お手伝い 4日間 → 新島anoyoレイヴ お手伝い 7日間 → ・・・・・・ ∞

野外生活が続きます。。。



anoyo 出演の system7 のライヴ up しました。行きたい人はこれクリックして聞いて行きましょう。。素晴らしくカッコイイです。。これぞエレクトロロック!!展開が。。。。
ま、これ聞いて台風でも吹き飛ばしてください。。。。。
system7 Live @ Earth Melkweg Amsterdam
[PR]
by rkyy | 2005-09-05 16:40 | daI bY dAy...


画像一覧

最新のコメント
風が少しだけ吹いていまし..
by rkyy at 23:49
この写真すき。
by soyoko at 23:36
hiraku kun は..
by rkyy at 22:28

最新の記事
tokyo.5
at 2014-04-19 00:30
tokyo..
at 2014-04-19 00:00
tokyo.
at 2014-04-18 21:25

その他のジャンル

フォロー中のブログ
ソウイウカンカクノヒト
今が懐かしく想う頃
Keep your focus
焼肉北斎 ~波ザブン日和~
たけおごはん
KUMAGAISEIJI...

以前の記事
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月