Top

thInKiNgg oR feeliNgg....
<   2006年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧
作品続き

頭の中は写真のこと90パーセントモード。
作撮り始めて、一気に世の中の事象全てが次の作品へのヒントへと映って見えています。



そしてカメラマンに写真見せて、また新たな発見、足りないところ、出るわ出るわ。
それまた悔しく嬉しく全てが勉強。勉強。




やらなければ始まらない。

そしてそれは既に始まっている。







d0057896_0174546.jpg




まー焦らず焦りつつ、緊張感を持って、とても充実してきそうです。
[PR]
by rkyy | 2006-10-24 00:26 | dAiLy phOtO....
作品その1

あの日写真業界の門を開いてから偶然にも丁度1年。
初めてスタジオを用いて作撮りをした。




一応の僕の作品テーマは 「浄化」 だったのですが、
そこから、、


生まれ変わるその一瞬その瞬間の願い


的なテイストに仕上げたつもりです。



人は誰しもが生まれた時に持つピュアな感情、それを持ちながらもいつのまにかそれを忘れてしまう。
でもふとした瞬間その 「感情」 に届きそうになる。
それが生まれるその瞬間。きっと心は真っ白。
本当の心はどんなものも受け止めることが出来る真っ白なキャンパスなんだと思います。



そのキャンパスに届きそうなその瞬間。 あなたはきっと生まれ変わることが出来る。。。。。



あなたはそれをただ受け入れるだけでいい。 受け入れるだけでいい。。。


d0057896_23542259.jpg





なんてそんなことはたった今考えた後付けサブジェクトだけどw
(撮影中はひかりまわすのにまだ、いっぱいいっぱい。)








2作目はビューティ作品として撮りました。
ピントが合わせずらく苦労しました。いやはや。
まだまだ 修行修行。。。。

d0057896_005046.jpg





メイクを努めてくれた、サキコ 大きな感謝を。
これからも大いに宜しく。






しかし、考えてセット組んで、写真を撮るのはダンス並に最高だと感じました。





本ブログの写真は個人の著作物です。一切の写真の転載、転用を禁じます。
[PR]
by rkyy | 2006-10-23 00:01 | daI bY dAy...
記憶の皺...


今晩は、初めての会社飲み会。
今のところに入社し丁度1ヶ月が過ぎた夜でした。


しかし、去年スタジオマンとして働いていた時と比べ
仕事の内容、精神的負担、体力的負担ははっきり言って激減。
業務時間はまー相変わらず朝から夜まで長時間拘束されるが、
それ以外の面で、精神面、体力面で特に悲鳴をあげることもなく、僕はいたって良好。。


d0057896_236885.jpg

(スタジオ写真はこれの使い方をマスターしなきゃ始まらない。ジェネレータとヘッド)


この新しい職場に入った1ヶ月の記憶と、
去年のスタジオで働いていた最初の1ヶ月の記憶。
比較するのも可笑しなことだが
明らかに去年のスタジオマン時代の記憶の方が、今年の新しい職場での一ヶ月より
はっきりと思い出すことが出来る。。。。。。。。。。。
そしてその去年の記憶は、遥かに重く僕に圧し掛かりまたそれを美しくも苦しくもあらゆる感情を感じることが出来る。。



d0057896_2395967.jpg

(4分以内に作らなきゃ始まらない!傘トレ。毎日作る練習。練習。。。。)


目を閉じれば 「死○」だの「帰れ」だの罵声怒声怒号悲鳴が繰り返され
何に対してというか、自分自身の限界に必死に食らいつくことだけになっていたあの頃。
行きの電車、帰りの電車、只管、仕事のことしか考えられなかったあの頃。
哀愁ある全ての景色、カンカクが自分に向かってより一層輝き華って見えていたあの頃。。。


d0057896_2214911.jpg

(仁君。一年前は彼と良く最期まで残って仕事をした。
彼は何も分からない新人の僕に丁寧に仕事を教えてくれた。
この時共に食したサイゼリアのメニューだって今でもはっきり思い出すことが出来る。
昨日の昼飯に何を食ったかもすぐに思い出せないのに。。)



今の職場ははっきり言って、緩い(キツいカメラマンのアシにつくときは大変だけど、まー前と比べればと考えると体も心も楽になる)。
しかし、それなりにこなしていれば カメラマン になることは出来る。。
作品撮りだって、機材だって思いのままに利用することが出来る。



前の職場は 戦場、 戦場、、、 戦場。。。
カメラマン になることだってはっきり言って今の職場より可能性は低い。。。
時間に追われ作品撮りなんてやってる余裕すら生まれない。
だが、、、しかし。、、、、、






五感全てに強烈な体験は記憶に残る。
人生は記憶を作る。
記憶は人生を作る。

強烈な瞬間を共に味わう。
これ 戦友 と呼ぶ。






結局 僕は 何を求めているのでしょうか?



カメラマンになること?


本当?











記憶を作ること?

もしかしたら そうなのかもしれない。。。。。


d0057896_293526.jpg

「記憶と言う「皺」を自分にとって最高のカタチに作るにはどうすれば宜しいのでしょうか?」
[PR]
by rkyy | 2006-10-14 02:34 | daI bY dAy...
No LiFe No MUZK!



d0057896_1125244.jpg
20XX X/XX@somewhere on thE EarTh...

世界の果てまでいってやるぜ!


NO LIFE NO MUZK!
[PR]
by rkyy | 2006-10-13 23:06 | muZk....
nothing bUt desert.........

d0057896_0565728.jpg

2006 4/13 @egypt


恐らく何もないから進もう。
恐らく何かあるから進もう。

恐らく おそらく。。。。
[PR]
by rkyy | 2006-10-12 23:56 | thE pHoTo...
from tiMe to Time...

最近Tに自分の葬式の話しをする事があった。
あれはこうしてくれ、これはこうしてくれと。

d0057896_011489.jpg

2003 8/29 @greeCe Alex..

感覚的な死を日常で考えるようになった。
感覚的な死と言うのは思っているよりもずっと近くにあるように思える。


d0057896_23403243.jpg

2006 10/01@YoYOgi UehaRa


カタチあるものはやがて消え、カタチのないものだけ残っていく。

d0057896_23394898.jpg

2006 10/01@kIcHIjyoJI


昔、Hが僕に話した言葉は今でも良く覚えている。

「自分が死んだという事を認めないのが、生きている上で一番愚かなことだ」


d0057896_23493499.jpg

2003 9/5 @greece AlEx..



あれから一年。

d0057896_23325479.jpg

2005 11/20? @ Ga○en Studio


変わらぬ意思でココに存在している。


d0057896_2333580.jpg

2006 10/ 6 @ Ka○uragi Studio
[PR]
by rkyy | 2006-10-09 23:42 | dAiLy phOtO....