Top

thInKiNgg oR feeliNgg....
<   2008年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧
旅ではなくて、旅行なんです。

会社の引っ越しで、なんだかドタバタと慌ただしくも感じつつ、
何か新しい発見というのもあった4月。


d0057896_384621.jpg

4月の作品


明日からゴールデンウィーク。
ちょっくら沖縄、宮古島に、1week旅行に行ってきます。
旅行って言葉、使うのになんだかpopな響きに抵抗があったんだけど、
今回のこれは「旅行」なんだろうなと。


d0057896_391059.jpg


はてさて、何が覗けるかな。
では pop に行って参ります。



いい写真とれるといいなー。pop pop...
[PR]
by rkyy | 2008-04-29 03:12 | aboUT noThINg...
Rainy days

今日の外は雨と風強く、まるで嵐のよう。
でも僕らには外に出る理由がある。
ソトでなきゃならない理由がある。


d0057896_22561248.jpg

08/3/30 @ 新宿御苑  it was rainy day......


そんな日もある。
かならずある。


夜ご飯のトマトが口にしみる。
[PR]
by rkyy | 2008-04-18 23:05 | daI bY dAy...
sounds ....

春を追いかけ追い越し追い抜き。

d0057896_23112389.jpg

08/4/6 @浜離宮  


この、これしかないという光景 に出会った時の

東京という街が好き。
写真が好き。
景色が好き。
空気が好き。
共に居てくれる人が好き。
目にしてきたすべての事が好き。


d0057896_2319226.jpg


d0057896_23193222.jpg


d0057896_23194686.jpg

[PR]
by rkyy | 2008-04-17 23:10 | thE pHoTo...
ここではあるけどどこかへもいきたい

昨晩は中目黒にある、もつ屋で、福岡から東京に引っ越してきたTカトシ夫妻。
結婚し福岡から上京予定のHサコ夫婦という大学の同窓2組に、僕と相方を集め、鍋を囲んだ。

今週末、土曜夜は2年あまり東京で世話になったHけんのお別れパーティー@下北沢。
日曜は渚。

また渚がやってきた。そして何かの知らせが僕に届く。

ゆく人、くる人。
その丁度中間地点に僕が立っている。そういった構図は考えれば考えるほど僕自身に旅というカンカクを呼び覚ましていく。

d0057896_0445750.jpg


こうやって人と会う事、また別れていく事は何かの確認作業なんだと思う。
こういう感覚的な作業をうまく写真に表現できればと今は思う。


d0057896_1191029.jpg


ヤハリココロハタビヲツヅケル。
[PR]
by rkyy | 2008-04-11 01:20 | daI bY dAy...
週末は旅に出てみませんか?


d0057896_23402188.jpg


2008 1/4 徳山
[PR]
by rkyy | 2008-04-08 23:35 | thE pHoTo...
ヨロコビ

d0057896_2345325.jpg

2008 3/23?? @ 多摩川 
[PR]
by rkyy | 2008-04-07 23:46 | thE pHoTo...
休みの日はソトへどこかへニシへ。
d0057896_23502185.jpg

3/23 @等々力渓谷
[PR]
by rkyy | 2008-04-06 23:50 | thE pHoTo...
息吹
d0057896_23554287.jpg

2003/3/23  @等々力神社
[PR]
by rkyy | 2008-04-05 23:55 | thE pHoTo...
春風勤しむ

早朝から夜まで、長い時間働いた今晩は久しぶりに感じる仕事の充足感(充実感とは違う感じだけど)を浴びる。まだ先は長いと思えばどんな日が来ようとその気でいられる。心の余裕というのをそのネガな摩擦を感じるときに演じるのは分かっていても難しいけれども、今日もなんとか踊り続けた。気がする。



今日会ったあなたありがと。





d0057896_23375458.jpg


さて明日の僕の地図はいかに。。
[PR]
by rkyy | 2008-04-04 23:41 | daI bY dAy...
地球の歴史は人間の一生。。。。
昨晩古いNHKスペシャルを見た少しばかり考える。

地球46億年という歴史の中で今まで何千回という大きな隕石が地球に衝突してきた。その中には生命の存在危機を及ぼすものも多くあったのだが、その生命絶滅の危機から何万年何億年という歳月の中で生き続け、生き抜く手段を見いだし、生命はその記録的な衝突の度に「生命力」というものを養い身につけ、生き続け、今私たちが存在している。
そういった隕石の衝突後に出来た、大規模なクレーター周辺からは、石油や金、ダイアモンドといった、現在僕らが生きていくために必要な鉱物資源の多くが埋蔵されていてるという事実。

隕石の衝突といのは今まで僕自身は負の思想しか考えていなかったのだが、この生命の発展そのもののすべてであったという事実。




この自然界の地球の教え。それはきっと人間のライフそのものに通ずる。



衝突無きに発展なし。。。




宇宙の1ミリが地球の一生
地球の1ミリが人間の一生
人間の一生の1ミリが今日1日
今日1日の1ミリがこの瞬間
その瞬間に一億の細胞
一個の感情
一個の感情は今日1日の1ミリ
今日1日は一生の1ミリ
一生は地球の1ミリ
地球の一生は宇宙の1ミリ






そんなことばを思い出しました。。。



もし、この先、地球に隕石が衝突が予測されるとして、それを科学技術によって回避しようとする行為。その来るべき運命を避ける行為は愚かな事であるような気がした。。


d0057896_23565363.jpg


仕事は、順調とはいえ、やはり緩んでいる。
そんなぼんやり眠気の中、車の運転では居眠り運転を繰り返す日々でありました。
違った意味で衝突しないよう気をつけます。
[PR]
by rkyy | 2008-04-04 00:00 | thE pHoTo...