Top

thInKiNgg oR feeliNgg....
<   2008年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧
間合い

先週末久しぶりにビューティフォトの作品撮りを行った。
何故に自分がビューティフォトを何度も行ってきたかというと、知り合いが近くに居たというのはもっともな理由だが、今はあのモデルと自分との間の距離感。その役1M50から2Mという距離から感じる独特の「間合い」。そしてその空気の空間の読み合いが面白く感じられる。

野球で言えばピッチャーとバッター。戦国時代で言えば己と敵と。そんな事を考えながら、ゆっくりと一球一球投げ合い、刀を振り落とす。ハッセルブラッドのチャージを巻く。時間はゆっくり、巻き上げた分だけ確実に進む。




ジーーーガシャ





ジーーーーガシャ









僕ははっきり言ってポージングの事はあまり知らない。おそらくあまり興味ないのだと思う。
だからモデルの「目」だけはしっかりと離さないように見つめる。

無いものは使わない。必要以上なものも初めから要らない。だがあるものは全て使う。嘘なんてつくなんてもってのほか。どこでもなく「ここ」が勝負の場。
それが勝負事の掟である。

そして出来上がった写真を見て、メイク、モデルと相談し合い納得いけるところまでやった上で交渉成立。交渉術は秀吉流。
そうして一枚の写真は出来上がっていく。




d0057896_484955.jpg

08/7/19

写真には、 どこでもなく「ここ」が写る。
[PR]
by rkyy | 2008-07-27 04:11 | daI bY dAy...
花弁


一つの花に一億の魂。


d0057896_23371994.jpg

08/7/12ヴァンジ庭園美術館
[PR]
by rkyy | 2008-07-23 00:41 | daI bY dAy...
ハナ


儚いと思うもの美しいと思うもの悲しいと思うもの明るいと思うもの暗いと思うもの全てを含む今という存在について。

d0057896_2035216.jpg

08/7/12 @ヴァンジ庭園美術館
[PR]
by rkyy | 2008-07-21 20:06 | thE pHoTo...
バンジー

そういえば先月バンジージャンプしました。
僕はずっと高所恐怖症を抱えておりまして、その苦しみからの脱出を一番に願ってのものでした。ま、それと何でも体験しないと写真はその気持ちになって撮れないというのもあったかな。





下から見るより、上から見た方が怖いんだよ。




d0057896_062979.jpg



トンダ後はヘロンヘロン。
しかし学んだ事は夢幻大。
詳しい事聞きたかったら直接本人まで。。。

d0057896_0102581.jpg



やりたい人はやるべし。

d0057896_0145096.jpg



受付のお兄さんも 「嘘の無い」 笑顔で待っていますw

「当○○牧場は、この器具(バンジージャンプ)での事故に際し一切の責任を負いません。」
という署名に住所と氏名と体重を書く事がまずは勇気の第一歩です。
[PR]
by rkyy | 2008-07-21 00:16 | thE pHoTo...
悩みが出来ました。

不思議だと思う事が一切なくなったように思われます。
それが一番の思い当たる悩みなのかもしれません。


d0057896_1482294.jpg

izu 08/07/12




ある人のアドバイスのお陰でこれからはフシギな事は「神の秘密」とかいて「神秘」と呼ぶ事にしました。
[PR]
by rkyy | 2008-07-17 01:50 | thE pHoTo...
iso 400

iso 400 シャッタースピード 1/500 f22
kodack portra VC
Hasselblad 503cx planar 80mm

d0057896_1111198.jpg

@Izu  08’ 7/13


数字では表現できないナニカ。
[PR]
by rkyy | 2008-07-16 01:19 | thE pHoTo...
入刀

実は先週の結婚式の撮影の日。
僕はケーキ入刀のシーンを撮っていたのかもしれない。

「入刀のシーンは撮っていなかった」って前の
blog
に書いていたじゃん。って思う人も居るだろう。

でもそれは決して「ケーキ入刀」のシーンではない。
だって二人が、この写真を見た時、きっとこう言う会話があるかもしれない。

d0057896_2235033.jpg




「あー。携帯電話にカメラが付いていた時代もあったよねー」


「あー。あいつあんなに若かったんやー。」





と、ケーキの事については殆ど話題は触れない気がするからだ。

そう、きっと、それはそう遠くはない未来での話し。
昔々僕らがまだ若かった頃、こんな時代も在りましとね。



d0057896_2371997.jpg


僕らはこんな時代を生きている。 
とあったとさ。



d0057896_23143091.jpg



僕らはソウイウ時代を生きている。
ってな。
[PR]
by rkyy | 2008-07-14 23:01 | thE pHoTo...
撮る撮る撮るー

今日やるべき仕事を一通り終えたあと、知り合いから依頼のあった某ブランドの秋冬用の靴の撮影を行う。撮影のポイントとして考えるべきなのは、使われる媒体、季節、ターゲット顧客、実際に使われる画像のサイズ、手元にある靴のデザイン、素材感、大きさ、靴の左右のバランス、背景などなど。そうした情報を一通り考えた後、カメラ、レンズ、バック素材、光の質、おおよその撮影時間を大まかに考える。

その知り合いから直接与えられたヒントはメールで二言三言、
「秋冬もの。形の大小在るけれど出来れば一発撮りで。優しい感じで、後は自由でお願いします」
そんな感じ。自由であれば在るほど経験の浅い僕にとって実は難しい。

色色想像を膨らませ、ベストな答えを探し出す。
靴の撮影の現場に入った事は多々在れど、真剣に「見て」いなかったことが徐々に自分自身気付く。そして反省。撮影のアシストはそれなりに出来ても撮る側に立つと、靴の並べ方一つとってもバランスが非常に難しい。
判らない部分は身近な存在に聞く。僕が真剣に聞けば真剣な意見が帰ってくる。
いつもありがとうございますカメラマンや同僚たち。

まーそうして出来た写真がこれ。
決して僕らしく無い作品だけど、無理はせず、使えるものは全部使い、有りのまま要求を満たすのだったらこれがベスト。
今の僕の標準時。


d0057896_2301061.jpg

注)web上でぼかしてます。






そして、海外旅行に初めて行くという後輩を何だか懐かしい目で見送った。
後輩は僕に言う。
「早くダイビングの免許取ってきてくださいね。いっしょに行きましょう」

d0057896_2591151.jpg


まだ人生でやるべき事は、僕が出会った人の数だけある。
[PR]
by rkyy | 2008-07-12 02:37 | daI bY dAy...
写真と画像について

今日の撮影は4*5を用いたジュエリーの撮影。フィルム4*5。
4*5での撮影は、デジタルでの撮影に比べ、責任力、集中力、暗記力、慎重性とありとあらゆる撮影で起こりうる事象、すべてにおいて技量が大きく問われる。とにかくやる事が多い。そしてそれがまた写真に確と現れる。その中でクライアントの求められたものを出せるかが本物のプロといえる。

なんて、そんな事考えながら「今日の師匠」は相変わらず口数は少ないが素晴らしい上がりを残していた。僕にはまだまだ撮る事の出来ない「写真」だった。もし僕が「デジタルカメラ」を使ったら似たような「画像」を撮れるかもしれないが、それはきっと「まぐれ」の「画像」に過ぎないのだ。

それ位、アナログの表現する「写真」と、デジタルが出力する「画像」は似て非なる。


d0057896_3245223.jpg



極端な話し、昨今 世の中はデジタル化してますます「便利」な世の中になっている事は確かであり、決してそれを安易に否定する事は出来ないと思うし、僕自身こうやってblogを書く事で恩恵を受けている事は多々ある。がしかし、時代に一石を投じるとなれば、1週間に1日、いや1ヶ月に1日だけでも非デジタルな日を設けてみてはどうか?
そうやって見ていく事で、両者の立場から見つめた、有り難みに満ちた本当のカンカクの世の中が見えてくる気がする。

ま、よくある話しでは在りますですな。
両者をうまく見ていこーってことで。
大きく、「時代」を全否定し出すと麻原彰晃になりかねんしなw


もちろんデジタルカメラでも本気でやってる人は居る訳だし。


d0057896_3264743.jpg




むか^しむかしのことじゃった。
世の中にはフィルムというものがあったとそうな。。。
[PR]
by rkyy | 2008-07-11 23:50 | daI bY dAy...
タイムスペースとラベル子

しかし、最近、あまりに「一つ」になり過ぎてしまうと、「飯」やら「時間」やらの存在そのものを忘れてしまう事が多々在りけり。そもそもが「時間」の存在自体を疑い始めるカンカクといいますかそんな感じ。一体誰が時間を発見したんだろう。時間は凄いなと。時間だけは皆平等なんて。地球にとっての1分は1万年くらい?で僕にとっての1分は一日の中のウン万秒の1?で、でもその中で今日の出来事を記憶しているのあの場面とあの場面はドレくらいの時間が経ったのか判らず、だけど、それは一日の中ではとても重要なんだけどでも。。。。毎日そんな感じです。
ま、こう考えているとあれしもうたらこんな時間ってのがオチでやはり結局体に気をつけなあかんと思う。

ただそれだけ。僕と同じような事になってい人も居るはず。

やっぱ健康第一。

飯食って明日も頑張ろ。

d0057896_0224134.jpg

はい沢山食べてね。
[PR]
by rkyy | 2008-07-09 23:59 | thE pHoTo...