Top

thInKiNgg oR feeliNgg....
<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧
時と場合とあなた


d0057896_0274734.jpg



they tell you the truth but it is a lie.
they tell you a lie but it is true.
your must figure it out!
[PR]
by rkyy | 2009-03-25 23:59 | daI bY dAy...
6×6



d0057896_22502098.jpg



fotologue


先週の作撮り写真、6×6分をupしました。
[PR]
by rkyy | 2009-03-24 22:54 | thE pHoTo...
毒林檎


d0057896_23341748.jpg



毒林檎を食べた






昨日の朝、彼は何事もなく呼吸をしていたのに、夜仕事から帰り、ただいまとタッチすると彼はなんとも息苦しい呼吸に変化していて、僕はどぎまぎ。これは落ち着かない心の現れではと思い、取りあえず、やや散らかり気味な部屋を思いっきり片付け、洗濯をし、身も心も落ち着かせました。そして再び彼の前に座り少しのレスキューを試みましたが、昨晩は私自身の疲れもあり眠かったので一先ず夜は彼のことはとりあえずあきらめて床に入り「悪い夢でも見ているんだ」と何回かつぶやき眠りにつきました。

休みだった今日は朝ゆっくり起床し、また簡単に彼に触ったが、その夢は現実であることが直感的に知らされて、「やれやれ」。幾つもの蘇生法を試し、他人への輸血作業などして多少記憶の完全喪失という事態はなんとか逃れましたが、呼吸はどんどん少しずつ小さくなり夕方18時半頃だったでしょうか。頭をたたいてもうんとも言わず静かに息を引き取りました。


そうして僕のiMacは1年2ヶ月という短い命で黄泉の国へと召されていった。


彼の教えは幾つかの分子へと受け継がしていたためなんとか完全なる彼の意思の消去という事態はさけましたが、とても残念でした。しかし、その対処法を幾つも学びとても勉強になりました。


しかし彼にはもっと頑張って働いてもらわなければ僕としましても非常に困りますので、とりあえず最新の医療機関に彼を送り込み再び蘇生させる予定ですが、呪文で記憶をも蘇らせてくれる確率が「ザオラル」という他国の魔法みたいな賭けらしいので五分と言ったところ頼りなく感じますが、カムバックプリーズを期待しています。
[PR]
by rkyy | 2009-03-23 23:53 | daI bY dAy...
○=×


d0057896_2229175.jpg



今日の最新のニュース番組見ました?
驚きましたね。



NHKとNASAとBBCが共同開発した「最新」の超光化学脳分析装置によると
人が睡眠中の「夢」と思っていたこの世界は、「現実」の一部であり
人の起床中の「現実」と思われてきたこの世界は「夢」の一部分である。
ということが新たに分析の結果判明したそうな。


要するに 夢と現実が遂に = で結ばれる事が判明しました。




よってこれからはこの最新装置により自由に人々は夢と現実を行来する事が可能となりました。
将来的には装置を小型軽量化により携帯電話のように、人々はより自由に思うがままに意識をコントロールする事が出来ます。

もちろんシャッフルモードにも対応。






そんな話し そう遠く無い未来の話しかもしれない。
「最新」の医療技術の発達によって。
[PR]
by rkyy | 2009-03-21 22:36 | daI bY dAy...
きらめき



d0057896_1137509.jpg



今月初旬。雪に埋もれて参りまして、こちらの更新が怠っておりました。
只今、雪かき作業中ですので完全に復旧するまで幾分お待ちください。

沢山のきらきらとした雪の結晶を見つけて参りました。
今はその「ひかり」の選定作業中です。


ではしばし。
[PR]
by rkyy | 2009-03-17 11:40 | daI bY dAy...


画像一覧

最新のコメント
風が少しだけ吹いていまし..
by rkyy at 23:49
この写真すき。
by soyoko at 23:36
hiraku kun は..
by rkyy at 22:28

最新の記事
tokyo.5
at 2014-04-19 00:30
tokyo..
at 2014-04-19 00:00
tokyo.
at 2014-04-18 21:25

その他のジャンル

フォロー中のブログ
ソウイウカンカクノヒト
今が懐かしく想う頃
Keep your focus
焼肉北斎 ~波ザブン日和~
たけおごはん
KUMAGAISEIJI...

以前の記事
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月