Top

thInKiNgg oR feeliNgg....
<   2010年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧
時の流れに背を向けて



d0057896_2040117.jpg

川口真一郎@ 横須賀 観音崎





朝日や夕日も美しく壮大であるが、それに背中を向けて反対を撮る。
そちら側のグラデーションが最近はよく目に焼き付く。
繊細な空の光がゆっくりと色を変えていく。時の流れも幾分緩やかに感じられる。
心に優しくゆっくりと胸に染み渡る。
[PR]
by rkyy | 2010-06-16 20:57 | daI bY dAy...
掠れ雲



d0057896_20292877.jpg

@カンボジア  プノンクーレン近くのソラと大地 




確かあの時ソラは薄い曇りだった気が。
そんなちょっとしたソラの遷りゆく雲の変化の微かな色模様が最近はとても気にいっております。

梅雨ですね。雲たちが躍動する美しい季節であります。
[PR]
by rkyy | 2010-06-15 20:33 | daI bY dAy...
ゾウの休日



d0057896_2351916.jpg

@井の頭文化園



木曜、結局夜中に神戸のホテルを抜け出し、金田夫と簡単に夜会しました。
実際に2人で在ったのはいつ以来だったかな。そんな夜でした。
大学以来お互い出会って10年は越えましたが、夫々がこのような形となって再会していくのにいつも予想出来きない驚きと喜びがあり、またこれからもお互いがどうなっていくのか楽しみであります。
また来週会えたらと思っております。



神戸での撮影は今回は2日間のロケハンで、アシスタント件デジタルオペレーターとして行ったのですが、大変に勉強になりまして、少しだけまた世界への視点が変わったように思えます。色々と知らない事は多くて、新しい扉を開ける度に今までそのことを知らなかった自分の甘い視点に愕然としてしまいます。それは初めはなんとなく見ていた「石ころ」が、その「石ころ」の成り立ちや歴史や情景や感情がどんどんどんどん見えてきて、いつしかその「石ころ」は僕にとって一人で抱えきれないような「おもい石ころ」になっていく。そんな風に感じています。



なんだか先週は急に忙しくなって、今日はゆっくり白ワイン片手に読書していたらいつの間にか寝ていて、夕方に眠り続ける体を起こさないとヤバいなと思い久しぶりに走りました。1ヶ月程トレーニングをサボっていたためタイムが30秒程遅くなってしまいました。朝ラン生活にはずっと憧れていますが、なかなか実行にうつせなく意志の弱さを感じています。継続力也。それはやはり大事だなと。



ではまた。
[PR]
by rkyy | 2010-06-13 23:20 | daI bY dAy...
とりたちの住む町



d0057896_4485427.jpg






久しぶりに早起きをして彼らの住む町へ。
会えると良いですね。
[PR]
by rkyy | 2010-06-10 04:50 | daI bY dAy...
うとうとと




d0057896_22233275.jpg






今週は随分と自分の無力さに呆然としている気がします。
その度に羊男みたいなのが出てきて「踊るんだよ」と励まされている気がします。
そんな今日は早く寝ます。
やることはやっぱり沢山あります。
おやすみなさい。
[PR]
by rkyy | 2010-06-09 22:32 | daI bY dAy...
井の頭文化園



d0057896_1753011.jpg

太一君 @井の頭文化園




先週の水曜日、よく晴れていたので何を勘違いしたか思い立って井の頭文化園にいきました。
僕は今年は多く動物園に行くと年始に宣言しておいていながら、今回で今年2回目のちゃんとした動物園でした。
ちゃんとしていない動物村には数多く行っているような気もしますが、たまにはちゃんとした名称ある所に足を運ぶ事も人生では大事な気がします。
僕の彼女と、先週の日曜日の結婚式で出会った、香港からの来訪者の太一君を井の頭の近くに住んでいるみたいで僕の電話を使って彼を今回は旅のお供に呼んでみました。太一君とはその先週の結婚式で初めて会ったのですが、前から彼の存在自体というのは、見えていても近づけない遠くに浮かぶ惑星の如くぼんやりと知っていたのですが、色んなひょんな偶然から出会う前から深い縁があって、その確かな存在を感じられる人間でありました。
それで、その時に出会ってあーやっぱり彼とは上手くいきそうだな。
そんな心が呼応していくのを出会った瞬間に感じました。
人生柄、色んな人と多く出会いますが、たまにそういう求めていたゾーンにぴったりはまる人がいると心は安心していきます。それは乾ききった砂漠に潤った水が流れ込むように優しい存在であります。ぐびぐび。










d0057896_1819724.jpg





d0057896_1820492.jpg







とごちゃごちゃとどうでも良い事を醜く書き連ねましたが、そんな水曜日、鳥や動物たちは相変わらず美しく、夫々の色や形や動きで各々に動物園という限られた空間の元で与えられた役割を自由に存分に楽しんでいるようにみえました。
[PR]
by rkyy | 2010-06-08 18:27 | daI bY dAy...
猿島

d0057896_20533517.jpg

@猿島




横須賀から船で10分。東京湾で唯一の自然島と言われている猿島へ行きました。
鬱蒼とした木々が生えた中、人為的に作られた切り通しを歩いていくと、よく晴れたソラからの木漏れ日がとても気持ちよく、また自然の苔やツタは深く刻まれた歴史というものを思い起こさせるには十分な場所でいい空気を味わいました。






d0057896_2134160.jpg







鹿児島の高校時代の同級生川口。
何となく、お互いに桜島を見て育った身だったので、この日の行き先を猿島としたのですが、過去から未来から話しは景色が変わる度にシンクロしていくようにいきまして、とてもいいタイミング的旅行のように感じました。



久しく見ていない桜島が懐かしく思えました。
[PR]
by rkyy | 2010-06-07 20:50 | daI bY dAy...
お宮参り



d0057896_2329116.jpg




d0057896_23291100.jpg




d0057896_232963.jpg










お宮参りを撮ってくれへんか?
との依頼の元、お宮参りへ、ある家族と同行致しました。




こういった誰かの人生の一場面を切り取っていくのは、他人の人生を切り取っているようで、実は自分の人生を違う角度から眺めているようであり、改めて家族の優しさや愛といった自分を取り巻くものに対して多く気付かせてくれるものでありました。





d0057896_2337432.jpg

@明治神宮





国本さん



いつまでもお幸せに。ありがとう。
[PR]
by rkyy | 2010-06-06 23:32 | daI bY dAy...
wwd 5/31 号



d0057896_19154966.jpg




d0057896_19155966.jpg




d0057896_19161321.jpg





5/31 wwd雑誌特集掲載号
にて僕の撮影した写真をオーバーライド特集ページにて3ページに渡り掲載して頂きました。
ありがとう御座いました。他にも本誌にて幾らかポートレート等載っているかと思います。


今回はカタチになっていくという楽しさをとても感じました。
これから少しずつではありますが、何かしら報告していければと思っております。
[PR]
by rkyy | 2010-06-03 19:15 | daI bY dAy...
窓に映る景色



d0057896_0572015.jpg

@軽井沢


窓辺では鳥たちが朝の陽光を楽しんでいました。
遠くには雄大な浅間山が霧に霞んでうっすらと浮かび上がっていました。
[PR]
by rkyy | 2010-06-02 23:57 | daI bY dAy...