Top

thInKiNgg oR feeliNgg....
<   2011年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧
第一回 Dog wood ボランティア

d0057896_021761.jpg





震災から丁度9ヶ月。
12月10、11日。
二日間、仙台の方で活動している団体「dogwood」さんを訪ね、
そこでのボランティア活動に参加して参りました。

dogwood さんはドッグカフェで、今回の震災のため住環境の変化により
やむを得ず飼い主と一緒に暮らせなくなった犬猫さんや、
被災地の中で迷子になってしまった犬猫さんを一時的に保護し、
いずれは飼い主さんのもとへ送り返す事を目的として、
カフェ営業と並行して活動していらっしゃいます。



基本的にボランティアでの一日の作業は朝昼夜と3回のルーチンがあり(猫は2回)、
えさの準備、散歩、食事、掃除、洗濯、この作業を繰り返します。



今回短い滞在の中で主に私たちに任された作業は
犬出しと呼ばれる犬の散歩に関わることでした。
現在dogwoodさんでは約90匹の犬たち(猫は50匹)を保護しており、
それぞれに犬たちにも性格があり、その犬たちにあわせて散歩をすることも重要でした。

そして犬を飼ったことが無い私の想像以上に力や気遣いが人間と接するのと同じように
きちんと彼らに対しても必要であることがわかりました。
上から目線で接するのと彼らと同じ目線で接するのでは彼らの態度もきちんと変化します。
それは見逃すことのできない事実でした。

また夜間はとにかく冷え込み、飲み水用に器に張ったお水の表面が40分で凍りました。
凍って犬たちが水を飲めなかった為、器をゆすり氷が割れ、シャーベット状になったお水を
ためらいながら飲む姿などは、これから訪れるであろう季節のことを思うと
胸が締め付けられました。

冬を迎え現地は寒さを日ごと増しており、
同行した福島出身の女性が我慢できないくらいの寒さでした。
いくら仮設住宅に住めるとは言え、あくまで仮設であることを考えると、
どこまで防寒ができるか不安に思うことはあるでしょうし、
ましてや高齢者が多い地域であの寒さは本当に体にしみるものだと思いました。

今回印象に残った犬を紹介します。

犬たちと接しているとそれぞれが個性的で、
飼い主とどのような関係にあったのかが見えました。
良く【親の顔が見てみたい】と言いますが、まさにその通り。
どんな性格のご主人さまにどのようにして育てられてきたのか、
手に取るように分かりました。

印象的な犬が2匹いました。

一匹は【アムロばあちゃん】。
散歩用の鎖を噛みながら走るのが大好きで、
鎖を噛んでご主人(散歩してくれている人)の顔を確認しながら楽しそうに走る。
鎖を噛むという良くない癖を職員さんや私に躾けられながらも
人懐っこく体を摺り寄せてきたり顔を寄せてきたり、
ご主人さまにとても可愛がられた甘えん坊だったんだろうなぁ、と思いました。

もう一匹は【ちび】。
とてもおっとりポワーンとしていて、
お気に入りは建物の壁に背中を付けて日向ぼっこをすること。
この犬は、もともと飼われていたお家でも玄関先に繋がれていて、
お家の壁に背中を付けて日向ぼっこをしながら、
家を出入りする家族やお客さん達に可愛がられていたんだろうなと想像ができました。




その他どの犬たちを見ていても、それぞれに主人の存在があって、
それぞれに日常というものが普遍的に訪れていたのだろうと思いました。
そして大事なことはまたきっと訪れるであろう飼い主との未来への日常や、
再会というものに向かってここで活動を一歩一歩続けていくことであって、
劇的な変化や達成感といったものが毎日約束出来ない中、
ここでの日常を毎日続けられているスタッフの方達には本当に頭が下がる思いでした。

宿泊施設を無料で提供してくれる方や、善意でご飯を提供してくださる方、
長期間無償でボランティアし続ける人たちの気持ちでボランティア活動は成り立っていて、
その一部の現地の状況を少しでも多くの人に知り、参加して欲しいと思いました。

そして今回一番感じたことは動物がいかに人を癒す存在であるかということ。
寒さは確かにありましたが世話をしたこちらが逆に彼らに命の限りない優しさに
こころを温もらせてもらった。

そんな活動でありました。



また次回以降も活動を続けていくために協力者を募集しております。
少しでも興味を持った方は気兼ねなくお訪ねください。
よろしくお願いします。







※今回のblog文章は、今回ボランティアとして参加頂きました
  岩崎美和子さん、ふなこしさきこさん(五十音順)からも参加した感想を書いて頂き、
  一部の文章を引用、またはまとめて記載させて頂きました。
  ご協力頂きありがとうございました。


JIN'S PROJECT
中村力也
松本隆太
[PR]
by rkyy | 2011-12-30 00:05 | daI bY dAy...
Negai vol .61


d0057896_23103427.jpg





朝の準備運動がとても好きです。
一日を前向きに迎えている感じがして微笑ましく思います。

今日はどんなことが起きるのでしょうか。

そんな前向きな自分だけの想像をしながら体に問いかけていくのです。
[PR]
by rkyy | 2011-12-14 23:26 | thE pHoTo...
Kenji Ikegami @樹海


d0057896_2056924.jpg






随分と更新が空きました。
色々と環境の整理をしておりました。
ある程度、納得のいくモノが整って参りましたので
またこちらの方を再開していこうと思います。

再開。それにふさわしい写真をということでもないのですが
今年ほど、自然と都会とその対比のカンカクみたいなものを直に体感し
その変化を自分自身で気持ちを区分けできた年は無かったのかもしれません。

都会で思いっきり息を吸い込み自然で息を大きく吐く。
あるときはまたそれが逆になるので面白いものですが。



そんな感じではではまた。


写真は11月の初旬に尺八奏者のケンジイケガミ君と富士の樹海に行った時のものです。



緑の世界が好きです。
それはどうしようもなく好きなのです。
[PR]
by rkyy | 2011-12-13 21:00 | thE pHoTo...


画像一覧

最新のコメント
風が少しだけ吹いていまし..
by rkyy at 23:49
この写真すき。
by soyoko at 23:36
hiraku kun は..
by rkyy at 22:28

最新の記事
tokyo.5
at 2014-04-19 00:30
tokyo..
at 2014-04-19 00:00
tokyo.
at 2014-04-18 21:25

その他のジャンル

フォロー中のブログ
ソウイウカンカクノヒト
今が懐かしく想う頃
Keep your focus
焼肉北斎 ~波ザブン日和~
たけおごはん
KUMAGAISEIJI...

以前の記事
2014年 04月
2014年 03月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 04月
2013年 03月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2011年 12月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月