Top

thInKiNgg oR feeliNgg....
間合い

先週末久しぶりにビューティフォトの作品撮りを行った。
何故に自分がビューティフォトを何度も行ってきたかというと、知り合いが近くに居たというのはもっともな理由だが、今はあのモデルと自分との間の距離感。その役1M50から2Mという距離から感じる独特の「間合い」。そしてその空気の空間の読み合いが面白く感じられる。

野球で言えばピッチャーとバッター。戦国時代で言えば己と敵と。そんな事を考えながら、ゆっくりと一球一球投げ合い、刀を振り落とす。ハッセルブラッドのチャージを巻く。時間はゆっくり、巻き上げた分だけ確実に進む。




ジーーーガシャ





ジーーーーガシャ









僕ははっきり言ってポージングの事はあまり知らない。おそらくあまり興味ないのだと思う。
だからモデルの「目」だけはしっかりと離さないように見つめる。

無いものは使わない。必要以上なものも初めから要らない。だがあるものは全て使う。嘘なんてつくなんてもってのほか。どこでもなく「ここ」が勝負の場。
それが勝負事の掟である。

そして出来上がった写真を見て、メイク、モデルと相談し合い納得いけるところまでやった上で交渉成立。交渉術は秀吉流。
そうして一枚の写真は出来上がっていく。




d0057896_484955.jpg

08/7/19

写真には、 どこでもなく「ここ」が写る。
[PR]
by rkyy | 2008-07-27 04:11 | daI bY dAy...
<< 爺様じいさま 花弁 >>