Top

thInKiNgg oR feeliNgg....
小ムロさん

小室事件について思う。

人は「個」として動いている場合と、組織の一部としての「組」となった場合に意思決定は時として、必ずしも自身の思惑通り事が進まず、裏腹に事が進んでしまう場合が多々ある。まー多かれ少なかれ。今回の騒動も事件の真相がどこまで解明されていくか、今の時点では判らないが、容疑者と報道される小室氏自身も見方によっては被害者に僕には映ってくる。

それは小室氏自身の「個」とそれを支えていくべきであった「組織」との意思の疎通というものがどこまで通っていたかであり、そもそも彼自身という「個人」の存在が、その根本から人を騙してしまおうなどという気持ちがどこまで在ったかという事が一番重要な気がする。

特に彼を擁護するつもりではないが、彼自身がここまで破滅していくのを周りの人間は報道によるとある程度「知っていた」という訳で、ここまで事が大きくなるまで周りも「見て見ぬ振り」をしていたということも事件の大きな問題ではないか。


事件が起きてしまってからではもう手遅れ。




d0057896_1244544.jpg






そういう似たような話しは、自身の胸を探ってみれば、犯した罪の大なり小なり、周りに数限りなく幾らでもある。
[PR]
by rkyy | 2008-11-07 01:28 | aboUT noThINg...
<< 伊豆の踊り子 美しいやま  >>