Top

thInKiNgg oR feeliNgg....
<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

今年初の作撮り。


どうしても今月中に作取りしないといけない気分になり
木曜日にモデルの手配を決めてもらい2週間ぶりの休みの土曜日に撮影。
かなり強引な日程を引き受けてくれたメイクsとモデル砂賀さんに感謝。
ほぼ徹夜でセットを組み込み朝の8時から撮影開始。

d0057896_2143670.jpg


d0057896_2181856.jpg



砂賀さんとは初めて会ったのだけど、anoyoでイベントスタッフとして知り合ったTと
深い知り合いであることを僕は以前から知っていた。
不思議な感覚 遠くで繋がる感覚。 そんな感情を 写真にぶつける。

きっと 世界は思っているよりも柔らかく深い。


話していくうちに僕の思い描いていた砂賀さんよりもっと強さを持っている感じが伝わってきた。しかし、わかり始めたときはもうタイムアップ。
写真に表現することが出来ずやや悔しく、また次の機会を望む。




少しばかりスタジオで仮眠をとり夜の撮影に臨む。
次のモデルは メル君。

彼とは池尻のバーで知り合い、音楽の話で軽く盛り上がった。
それ以来の再会。3ヶ月ぶりかな。
とても端正な顔にとても柔らかな物腰。
いい青年だと純粋に思う。そういうのは雰囲気で伝わってくる。

そしてそれを感じる事が出来る。


d0057896_21185020.jpg


d0057896_2120329.jpg


d0057896_2121910.jpg


撮影が終わり彼と何度か握手した。
僕は強く彼の手を握る。そして彼も強く握り返す。


d0057896_21312788.jpg

d0057896_21314199.jpg



人は時に自分の人生において立ち上がらなければいけないタイミングというのが必ずあると思う。それを拾うのも拾わないのも自分自身。気づくか気づかないかも自分次第。流されるときはどこまでだって流される。そして気づけばその中心にいる自分に気づく事だってある。
まだ気付けばましなのかもしれない。



d0057896_21335631.jpg



僕は戦い続けなければならない。
一番の敵は自分が知っている。毎日毎日朝も昼も僕は呟く。

「自分に負けるな」


それは役者の道を選ぶ彼もきっとそうだろう。

この日22時を回った撮影の最後のカットに彼の瞳。
ファインダー越しに柔らかかった彼の瞳の中からとても強いものを感じた。


そしてまた 強く握手する。


強く握手する。




それは知らずに伝わってくる。







深夜1時過ぎたスタジオを後にし、8時間後の新宿シティマラソンを臨む。
[PR]
by rkyy | 2007-01-27 23:59 | daI bY dAy...
afTe daRk

東京に戻り2週間休みなし。
久しぶりの土曜日。久しぶりの休みの日。

踊り続けるためにはやっぱり作撮りを続けなければ。。

今朝はもうすぐあける。

モデルさんがいらっしゃるその4時間後の作撮りに向けて、セットを作り込み。。




d0057896_355659.jpg

after dArk...

一つはこんな感じで明日は撮ろうと思います。

「夜明け」 を感じさせるティスト で。。



d0057896_402212.jpg


物撮りもたまには。。。







さてさて僕の夜明けももうすぐだ。。。




d0057896_417612.jpg


ほっ!

d0057896_4171867.jpg


はっ!

d0057896_4173410.jpg


えぃ!



毎日良い事ばかりではないですが
基本的にはプラスになるように楽しい事を考えて生きております。




スタジオで外で風呂場で写真とって欲しい方じゃんじゃん希望してくれればやりましょう。



ではでは。
[PR]
by rkyy | 2007-01-27 04:02 | daI bY dAy...
旋回

冬の海に呼ばれて、車を飛ばし西へ走る。
そのたまに訪れる衝動は、物欲や性欲などと同じ系統のような気がする。

d0057896_23403166.jpg

@志摩町


あまりにも晴れすぎ開かれすぎた空。広く青く透明。
なにも変化がないのに何も飽きることなくぼんやりと見つめる。

安心感


そういったものを感じ、僕の心は落ち着く。



d0057896_23452692.jpg

@keya



手に持っていた小瓶から親父の骨粉を少し取り出し、海に巻く。
親父はいつも言っていた。


「遺骨は玄界灘にでも阿蘇山にでも散骨してくれ...」

d0057896_05755.jpg


d0057896_054776.jpg




親父の遺骨を巻いて、しばらく空を見上げると 
鳥が僕の頭上を何回も旋回していた。何回も何回も。

ぐるぐるぐるぐる 目が回るぞ おい。

ぐるぐるぐるぐる。


d0057896_23542981.jpg

@keya


少しずつ闇に染まっていくさまは深みを増す。

d0057896_004554.jpg




帰り、茂みの中にブラックホールを見つける。

d0057896_091479.jpg





目を開けるとそこは光と影だけの世界。
光と影があり世の中の構造次元を示す。

光があり影が成り立つ。

僕がいてあなたがいる。

僕が前にいてあなたが後ろ。

d0057896_0152326.jpg


d0057896_0162194.jpg


前後ろ前後ろ後ろあげて前下げて下げながらあげて僕は前。



前ー習え!
マエーナラエ!
[PR]
by rkyy | 2007-01-12 00:18 | daI bY dAy...
父の死




2007年 1月5日 20時4分  親父が死んだ。 

56年の命だった。















2年6ヶ月前、そのとき東京に単身赴任中だった親父は癌を発病した。





それから僕が東京に移り住み、仕事中心の生活を送る中で、
死と正面から向き合うことは少ないし、そのようなことを考えていても今の生活を全うする事は不可能に近い。


d0057896_23461363.jpg

about 24years ago. my father and me.
@KaGoshima





親父が死ぬ2日前。


親父はほぼ昏睡状態の薄れいく意識の中で僕に言った。


「俺は力也に何か悪いことをしたか?」


恐らく親父は夢を見ていたのだと思う。
何とか目の前にいる僕を認識できるかできないか、その境界線の中で言葉を発すること。
僕に親父自身の「生に対する疑問」を聞くこと。
それは間違いなく死に際で精一杯の行為だったに違いない。



親父は苦しそうだった。本当に苦しそうだった。

いっそのこと安楽死させて、ここから楽にさせてやったほうが良いのでは、、
と何回も僕は思うほど見ているのも辛く、悲しかった。



d0057896_133566.jpg

24 Years ago . MY faTHer hOLD on ME @ someplaCE




「ここは何処なのか?」

「これは俺なのか?」

「俺は何処にいるのか?」



狭い部屋に親父の苦悶の声が響く。
そしてその言葉の一つ一つが僕の胸に土着的なナイフで刺されたようなぐしゃりと音を立てて突き刺さる。


今まで26年間生きてきて、恐怖はおろかネガティブな感情を親父の顔に見たことはなかった。
いつも前向きであっけらかんとした人間だった。
そんな親父から恐怖の顔を読取る事ができた。


あの親父が死に怯えていた。


そんなこと夢にも思ったことはなかった。

d0057896_038539.jpg

abOUt 30yEArs agO . mY fATHE in chiNA.




2007年1月5日 20時
それまで苦しんで呼吸をしていた親父の様子が少しずつ少しずつ落ち着いてきた。
言いようのない黒い煙のベールに包まれたような感情が僕を囲い襲いこんでくる。


2007年1月5日 20時4分
最後、息をするとき、喉唾をはっきりと吸い込むやや乾いた音が2回、部屋に虚しく響き
親父はそれから息をすることをなかった。



「 これは夢なんだ  これは夢なんだ  親父の中の夢なんだ 」

僕は10秒ほど目を閉じ、何度か心の中でそう呟いた。
目を開いたとき、目の前で、妹が兄が母が崩れて泣いていた。



それでも目の前の光景をすぐに信じることは出来なかった。



それは僕の普段の生活の中のいつものことの様に
「仕方のないこと」にはどうしてもしたくなかった。




でもそれはもうどうしようもすることは出来なかった。





どうしようもないことは 泣く という唯一の感情がそれを虚しく優しく慰めてくれた。

















2007年1月7日

親父は沢山の花と沢山の思いを乗せ、焼かれていった。


d0057896_1434295.jpg


d0057896_0272279.jpg


















2007年1月14日
僕は再び東京に戻る。
そして、東京での初めての一人暮らし。場所は芝浦。

まずは2週間後に迫った、新宿シティハーフマラソンに照準を合わせる。

父はトライアスロン、マラソンと走ることが好きだった。
そして、父に見せたかった僕の走る姿。
父といつか走りたかったマラソン大会。
僕の初めてのマラソン大会への出場が
このタイミングで行われることに僕の生の義務感を感じる。





きっと走り終えたとき僕はこういうだろう。





父が背中を押してくれました。







と。









バトンは確かにと受け取りました。




だから、僕は走り続けなければならない。







そして僕が走り続けるということが、何より親父からのメッセージであろう。




d0057896_146420.jpg

1987年 1月11日 ITS JUST before 20 yEARS AGO .
my fAther rUNNINg @ibuSUKI......







きっと今日という日は親父の夢の中であり、明日という日は僕の夢の中であるのだろう。
もうすっかりこんな時間だ。親父のベッドで寝るとするか。。。。


今日も夜が明けて、明日も朝が来て、明日も世が明けて、今日も終わって、明日が来て。。。





そんな風に僕の世界は動き続ける。
[PR]
by rkyy | 2007-01-11 01:52 | daI bY dAy...


画像一覧

最新の記事
201801
at 2018-01-15 23:41