Top

thInKiNgg oR feeliNgg....
<   2007年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧
われ帰還する

先週から今週にかけて、素人の子を撮影する機会があった。
普段自分のスタジオでのプロの方を撮影するスナップは撮り慣れてきたとはいえ、そこが素人となると話しは別。こちら撮る側も色々指示をしないと動きは止まってしまうので、シャッターをきる作業よりも、声を出して、コミュニケーションをとる事に重点を置く。

d0057896_2026124.jpg


まして先週のそれは初めてのスタジオで使い慣れない借りたカメラとストロボ。
限られた機材、限られた時間の中で、頭の引き出しから全てを引っ張りだし、緊張感を持って撮影に挑む。その時に支えてくれるのはやはり経験と、何とかなるさという前向きな気持ちと、慣れたパートナーのS、チャレンジ精神。
あとやっぱ「閃き」。

d0057896_203628100.jpg


d0057896_20371722.jpg


撮影の中ではベストを尽くす事が出来たように思える。その時の中では。
でもまた振り返ったときに考えると、いろんなアイデアが生まれる。
あぁすること。こうすること。
ま、でもその時出来た事がその時点でのベスト。その時点での僕の座標軸標準時。
自分の実力を知った上でまた次の機会にベストを尽くす事を誓う。



今週末は、ある結婚式を控えたカップルの撮影。
自分なりのイメージは出来ていた。それをカップルにうまく伝える事も撮影の仕事の一つ。
明確にイメージできていれば話しは早く、撮影も順調。
撮影時に用意していた音楽と言葉に合わせ、カップルもうまく撮影の空間に入って来るのがわかった。

d0057896_20445947.jpg


d0057896_2051557.jpg


撮影するにはユーモアも仕事の一つ。
それが普段慣れない素人であれば緊張感を解してやるのも僕の仕事。
その空間を演出してこそカメラマンの仕事。
いつもでは考えられないようなハイテンションでモデルをのせた。

d0057896_20565454.jpg


なにより、モデルとなった伊藤さんカップル自身の暖かさが撮影現場に、優しげな柔らかさを演出していたのが一番だった。




残り1テーマは女性新人お笑いユニット「core 2 duo」の撮影。

d0057896_21105920.jpg
d0057896_2111753.jpg
d0057896_21111313.jpg


彼女たちのお笑いを直接見た事はないが、二人の持つ独特の感覚的な鋭い部分とその裏側に潜む生活感との対立的構図。そういったものを表現してみた。

んなーことはないがw,そんな訳のわからない言葉で写真の見せる角度を変えてみるのも写真家の技の一つ。
いい雰囲気を持った二人だったので純粋にこちらも気持ちよく いい写真が撮れた。


d0057896_21161738.jpg



こうやって自分の生業とする写真を通して、身近な誰かに幸せとなる笑顔を与えられ続けていければそれが本望であろう。


「誰かを通して何かを通して思いは繋がっていくのでしょう。。。」



そんな懐かしい salyu の [to U]歌詞が頭をよぎった日であった。
[PR]
by rkyy | 2007-09-30 21:17 | daI bY dAy...
月の輝く夜には
15夜。
d0057896_0492133.jpg

月の輝く夜、相方を連れ出し、我が家から夜の東京の街を散歩に繰り出す。
東京の街は面白い。歩く度につくづくそう思う。それが夜になれば街中にはいたるところに光が溢れ、容易く自分の街を捉える感覚の中に新たな発見が生まれる。


ここは東京都港区海岸1-1-1
d0057896_0485845.jpg

我が家から歩いて20分位の、こんな響きのいい住所を持った家は、線路下の、人気のすくない、塗炭屋根で出来た何か製造工場のような家であった。しかし、そこにはしっかりと住民の生活感といったものをしっかりと感じる事が出来、他の街を埋め尽くすビル群とは全く違った安心感を感じる事が出来る。


d0057896_0542957.jpg


d0057896_0544631.jpg


汐留のビル群に囲まれた一角にひっそりと「すすき」がはえていた。
その「すすき」に佇んでいたのは一匹の猫。
こんな所に日中、まだ30度近くの暑さを日々抱えているとはいえ、確実に秋の訪れを感じる。

d0057896_0573929.jpg



そのまま歩き続け、流れるままに銀座で夜飯。

d0057896_12817.jpg


飯を食う為に僕は働いている。
世の中いくら変われど、僕にとって相変わらず一番気になる事は

「今日の夜ご飯はなににするか?」

毎日毎日生き続けていく中で、一年後も十年後も五十年後も変わずその事を思い続けなければならない。
今日こうやって飯に無事にありつけ、喜びを感じる。

d0057896_144722.jpg




最近、ある広告を見てとても目に留まった。上田義彦氏による日本郵政公社のポスター。

「ひとりを愛せる日本へ」
ここからflash で、見れます。

日本という敷居で考える事は今の自分にとってはまだまだ大きい。それは今考えるべき事ではないのかもしれない。だが、そうやって 「ひとりを愛する」 という、広い世界広い日本の中の一つ一つの生の 「重み」や「思い」といったもの を大切にするという言葉の情報を与えられたその広告の中で、自分にとっておこる小さな出来事、この一つ一つ積み重なる毎日、今日この日、この人を、より良きものにして行くように考えなくてはならないと思った。

まだ先は長い。 自分自身の将来の民営化に向けて、思いを強くした月の輝く夜であった。

d0057896_1291156.jpg

[PR]
by rkyy | 2007-09-27 23:45 | daI bY dAy...
また眠ってしまう前に。。

ちょうど2年前僕は仕事を辞めカメラマンになるために東京にやってきた。
そして、今日この日、撮影の仕事で僕は成田空港にいた。

d0057896_182587.jpg


偶然が重なり、今日は本来行くはずで、チケットも購入していたバーニングマンから成田空港へと帰国しこの地を踏むはずだった日でもあった。

d0057896_1132892.jpg


最近よく考える言葉で
「前よりは確実に良くなっている。確実に。。」
そう自分に言い聞かせることにしている。気付けば。いつからかはわからない。
そうすることによって、僕は再び前を向くことが出来る気がする。
何一つ躊躇することはない。

d0057896_1184075.jpg


そう。二年前より確実に今の方が幸せだ。
そういうことにしておく。それが今の中でベストの選択だ。

d0057896_129481.jpg



昨日後輩から突然電話があった。
彼と話をするのは一年ぶり以上だろう。
福岡の有名銀行に就職し働いているS。
彼も学生時代はインドなり、カンボジアなりを旅していた。

電話の向こう側にいる彼。声を聞くとすぐに悩みを抱えているのがわかった。
それははっきり言えない。

「何か」

に対してだった。

d0057896_1305654.jpg


僕もはっきりとは言えない。だけど凄く彼の言わんとしていことが伝わってきた。
「何か」 について。


d0057896_139371.jpg




「眠るときに考えること」に続く。。
[PR]
by rkyy | 2007-09-13 23:58 | daI bY dAy...
永い眠りの後に 、、 after ....

もうまもなく blog 復活させます。
なんだかんだ見ていただいてくれている人、期待して待っていてください。

では 。
[PR]
by rkyy | 2007-09-03 12:18 | daI bY dAy...


画像一覧

最新の記事
201801
at 2018-01-15 23:41