Top

thInKiNgg oR feeliNgg....
<   2010年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧
2010
d0057896_21572881.jpg






今年は自由と自然と強さという振り幅が大きく広がったように実に感じました。

そして価値観の話しと感覚の話しばかりしていたような。
特に意味の無いそんな話しもそろそろ終わりにしたいと思います。





今年も一年ありがとう御座いました。
来年は土や森や黒猫さんたちと会話が出来るくらいに自然回帰すると思います。

では。良いお年を。
[PR]
by rkyy | 2010-12-30 22:08 | daI bY dAy...
india 5






d0057896_0264640.jpg

[PR]
by rkyy | 2010-12-30 00:27 | tRavel...
india 4






d0057896_017229.jpg

[PR]
by rkyy | 2010-12-30 00:17 | tRavel...
india 3


d0057896_1162838.jpg

カルカッタからニュージャルパイグリまでの夜行列車の機関士。






昔、僕がまだ小さかった頃に自分というものを鏡で見た時に何故か彼のような姿を想像していた時があった。
彼と対面し、僕は懐かしいというのか、心の鏡が包み込むような光に照らされ気持ちが緩やかに落ち着いていくのをはっきりと感じた。

どこかで見たことのある顔。

それはきっと僕が幼き頃に鏡で見ていた自分の姿のようなまんまるの丸い顔。



仕事に誇りと愛情を持つ good guy だった。
[PR]
by rkyy | 2010-12-29 01:25 | tRavel...
india 2




d0057896_025992.jpg





ダージリン行きの乗り合いジープを待っている時に出会った男スティーブ、リバプール出身ジャカルタ在住。
人間的に大きな人。色んな意味で。
僕とはかけ離れたハートの大きさと温かさ。
とても人間らしい人。



d0057896_0252055.jpg





僅か1日、共に行動を共にしただけだったが多くのものを与えられました。


thank you 。
[PR]
by rkyy | 2010-12-28 00:31 | tRavel...
india 1


d0057896_063331.jpg

インド     北シッキム  





彼を見かけた瞬間にその内面から溢れ出ているような目線、仕草、姿勢、話し方、着こなし、徒者では無いであろうと男惚れしました。



しかし、近付ききれなかった。
祭りが終わった後、撮影出来るタイミングを見計らっていて一瞬だけ彼に近づけるタイミングがあり慌てて声をかけ撮影。寄り切れず、離れすぎず、極端に中途半端な構図になったと撮った瞬間に思った。


誠に美しきあるころの日本を思いました。
[PR]
by rkyy | 2010-12-28 00:14 | tRavel...
カンチェンツェンガ
d0057896_1364312.jpg

素晴らしい朝焼けでした。
[PR]
by rkyy | 2010-12-03 13:05 | tRavel...


画像一覧

最新の記事
201801
at 2018-01-15 23:41